▲ PAGE TOP

ECカレント×ハミングヘッズ

無料セキュリティソフトのディフェンスプラットフォームで 未知のウイルスからあなたを守る!出口対策ならハミングヘッズのDeP HE

サイバー攻撃を100%撃退する 大企業が認める最高品質のセキュリティをご家庭へ

ディフェンスプラットフォーム HOME Edition サイバー攻撃対策 アンチウイルスソフト

対応環境:Windows XP/Vista/7/8/10   > 動作環境(ダウンロード前に必ずお読み下さい)

特長1 100%捕捉 見つけ方が違います!

そもそも
既存のセキュリティソフトの仕組みとは?

パターンマッチ型

従来のセキュリティ製品は

「リスト」を元に
ウイルスを検知します。

しかし未知のウイルスはリストにないことも !

ほとんど全てのセキュリティソフトは「パターンマッチ」という方式を使っています。これはウイルスのパターンを採取して、それに一致するプログラムを捕獲するというものです。
つまりビルの警備に例えると「ビルに入ってはいけない人のリスト」を作っているわけです。この方式は、パターンに一致しないウイルスには全く効果がありません。

パターンマッチ型セキュリティは、

ウイルスの パターンを採取

それに 一致するプログラムを捕獲 します。

しかし

リストに無ければ
通してしまいます。

パターンに一致しないウイルスには全く効果がありません。現在、新種のウイルスは数秒に1つ生み出されており、その数は5億6000万種(2012年)にも及びます。

それに、5億6000万種もあるリストを、逐一スキャンするのは現実的ではありません。

ディフェンスプラットフォームなら

ウイルスの 見つけ方が違います。

割込み型迎撃方式(API監視)

ディフェンスプラットフォームは

ウイルスの「動き」
を監視します。

未知のウイルスも怖くない!

DeP HEはウイルスリストと比較する既存のセキュリティ方式ではなく、「API」を監視する方式です。
ウイルスを含め、あらゆるプログラムはこの「API」を利用します。DeP HEは、ウイルスが行うAPIの利用に割込み被害が出る直前に「迎撃」をするため、ウイルスを「100%捕捉する」ことができるのです。

DeP HEの割込み型迎撃型方式は「ビルに入ってもよい人物のリスト」を持ちます。未知のウイルスはこの入室許可リストに入っていないため、新たに作られるウイルスにも対応できるのです。

ウイルスを含め 全てのプログラムが利用する
APIの「動き」を監視。

そのため
パターンファイルを持ちません。

動いた瞬間、割込んで止めます。

だから

point1 サイバー攻撃を100%止める

ウイルスリストに頼っていないから
免疫の無いウイルスにも対応。
未知のウイルスも
100%シャットアウト!
※「止める」を選択した場合

point2 サポート終了のOSにも!

Windows XP、office2003、IE6のように 将来サポートが終了するOSやソフトウェアでもDeP HEがあれば大丈夫!

通常、アンチウイルスソフトはOSに脆弱性がないことを前提に構築されているため、
サポート終了後のOSにおいて安全性の確保はしておりません。
しかし、DeP HEならばPC上で行われるセキュリティに問題のある動きを全て止めるため、
サポートが終了して脆弱性が放置されているOSを搭載したPCでも、サイバー攻撃から確実に守ります。

point3 共存可能

ウイルスリストを使っていないから、
他社セキュリティソフトと一緒に使えます!
出口対策にもう1本!
※共存設定をご確認下さい。

point4 軽い

ウイルスリストを使っていないから、
フルスキャンにかける時間がありません。


※共存設定はコチラ

⇒ご購入の流れ

特長2 100%防御 守る側を見ています。

セキュリティを入れてあるのに
なぜサイバー攻撃にあうの?

パターンマッチ型

従来のセキュリティ製品は

ウイルス側を見ています。

しかし、増え続けるので把握しきれません。

パターンマッチ型セキュリティは、スキャンを行うたびに、全ファイルを参照し、ひたすらパターンに一致するプログラムを探す仕組みです。
現在、新種のウイルスは数秒に1つ生み出されており、このパターンは、今あるウイルスの全てを把握しているリストではありません。
その上、暗号化されていたり、パスワードがかかっていると見逃してしまいます。

パターンマッチ型セキュリティは、

ウイルス側を見て
リストに登録します。

しかし

増え続けるウイルスを
把握しきれません。

現在、新種のウイルスは数秒に1つ生み出されており、その数は5億6000万種(2012年)にも及びます。 このウイルスが生み出される速度に合わせて、パターンファイルを更新することは、不可能です。
検出率99.5%のセキュリティソフトは、裏を返せば未検出が0.5%。
ウイルスの数:5億6000万 × 未検出率:0.5% = 280万種
実に280万種ものウイルスを検知できていないのです。

しかも

暗号化されていたり、
パスワードがかかっている
と見逃してしまいます。

パターンに一致するかどうかを調べるためには「暗号化さ れたファイル」や「パスワード・鍵のついたファイル」は、 復号してからでなくては調べることができません。 しかし、無数にある暗号化されたファイルを、スキャンの 度に復号することは不可能ですから「暗号化されたり、パ スワードのかかったものは全て対処できない」のが現在の アンチウイルスソフトなのです。

パターンマッチの限界!

こうして、パターンマッチにとって全く対処が出来ない未知のウイルスが、
常時あふれていることになります。
これがセキュリティソフトを入れてあってもサイバー攻撃を受ける理由です。

ディフェンスプラットフォームは

見る方向が違います。

割込み型迎撃方式(API監視)

ディフェンスプラットフォームは

守るべき側を 見ています。

守るべきポイントは少ないから、全て把握できる。

DeP HEは、PC内の入口・出口、ファイル、レジストリ、外部メディア、通信、メモリなどといったPCの守るべき箇所を「全て、一切の漏れなく」防御します。その総数・約30万か所は全て判明しており、そのため守るべき対象は「100%・完全」に把握できています。つまり監視すべき場所、全てに警備員を配置しているのです。

守るべき場所でDeP HEは常時監視を続け、そこへアクセスしようとするプログラム全て一旦捕捉して、問題がない場合はそのまま続けさせ、問題がある場合は止めたり隔離したりします。
こうすることで、PCには一切の被害が出ないようにします。

守るポイントは増えない。
許可する場合は
ホワイトリストに登録。

数秒に1個増えると言われるウイルスに比べ、守るべきポイントは急激に増えません。従って、把握できるのです。
このプログラムは許可、という場合はホワイトリストに登録して、検知されないようにします。

だから

point5 これ1本で
セキュリティ全ておまかせ!

DeP HE は、あらゆるプログラムを監視しているため、メール・インターネット・外部媒体からの標的型攻撃だけでなく、WEB サイトでのフィッシングやUSB メモリ、CD、DVD、BD などの外部媒体から侵入する未知のウイルスも監視しています。
そして命令の結果がPC に害を及ぼす場合は、即座にシャットアウトします。


※共存設定はコチラ

⇒ご購入の流れ

特長3 誤検知0% 正確さが違います。

高い検出率。
でも本当に正確?

パターンマッチ型

従来のセキュリティ製品

「誤検知」が多い
パターンマッチ

動作にピッタリ合わせたリストだと、検出できる範囲が狭くなり、亜種への対応が遅れてしまいます。このため、アプリケーションの動作の幅に余裕を持たせたリストで、アプリケーションの動きを調べることになります。
イベントログの様な履歴機能も、情報量が非常に少ないため、判断が不正確です。

今までのセキュリティは
PC内で起きている事を
見る事ができませんでした。

仮に大型掲示板に犯行予告が書かれたとしても、それが自分で入力したのもか、遠隔操作で勝手に書かれてしまったものか、証明することは困難です。

ディフェンスプラットフォームなら

割込み型迎撃方式(API監視)

ディフェンスプラットフォームは

正確な解析力で
情報を分類→可視化!

DeP HEが持つ「H4E(HummingHeads 4 Elements)」機能は、ウイルスか正常なプログラムかを、IPアドレス、プログラムの詳細・親子関係、ハッシュ値など、大量の情報を元に、正確な判断を行います。
正確な判断基準を元に該当のプログラムがPCへ害を与えるかどうかを識別し、害を与えないと判断された場合だけ動作を許可します。

プログラムの動きを
解析・分類→可視化!

「どの攻撃がどこからどの経路で」
が簡単にわかります。

H4E機能により、ウイルスを含めたあらゆるプログラムの挙動は、詳細な履歴で記録されています。
このため「ウイルスがどこから入ってきたのか」「自分のPC環境がどのようになっているか」などが一目瞭然です。

仮に大型掲示板に犯行予告が書かれたとしても、それが自分で入力したのもか、遠隔操作で勝手に書かれてしまったものか簡単に区別がつきます。

しかも

そのまま使える!読みやすい履歴

通常、履歴を取得するソフトは、読めるようにするために様々な手順を踏む必要があります。
しかしDeP HEの履歴は読みやすく、出力したものをそのまま使うことができます。

見やすい履歴の秘密は、新機能H4E にあります。

DePHEのH4E機能について

新機能「H4E」は あらゆる挙動を解析・分類!
「どこから」「何が」「どこへ」「何をした」に分解。

無秩序なプログラムの動作をH4Eが詳しく整理し、情報を関連付けます。
結果、誤検知が少なく、履歴も取れるのです。

DePHEのH4Eの動き方

H4Eの分析の結果、PCへの攻撃と判断したら、
プログラムを捕獲します

プログラムによって、H4Eの動き方が違います

悪意がある
プログラム

・起動を自動的に防御

・悪意あるプログラムを独自形式に圧縮し隔離

・隔離ログを履歴に出力

悪意があるかもしれない
プログラム

一部のフリーソフトや標的型メール、市場調査のサイト 等

検知モード

・検知ログを履歴に出力
・学習機能「ホワイトブラックリスト作成ツール」で「続ける」「止める」を設定

ディフェンスモード

・警告パネルが起動
・ユーザが動作の可否を判断

市場調査のため等、善悪は関わらず ですが
どのプログラムやサイトが情報を取っているか
見えるようになります。

悪意が全く無い
プログラム

プログラムに従って動作

DePHEのH4Eの2つのモード

検知モードとディフェンスモードって?

DeP HEには2つのモード設定があります。
検知したログを取得する検知モードと攻撃を阻止するディフェンスモードです。
ホームエディション(HE)では初期設定がディフェンスモードになっており、すぐにお使い頂けます。

検知モード

運用前の「学習」機能

PC内で動かしてもよいプログラムを「検知モード」で事前にリスト化します。正しいプログラムの動きにDeP HEが過剰な反応をしないよう「学習」させる機能です。正しいプログラムは「ホワイトリスト」として登録します。

ディフェンスモード

運用時に攻撃を防止

ディフェンスモードを有効にすると、インターネットやメール経由で不審なプログラムが動作しようとすると瞬時に「警告パネル」を表示します。「検知モード」時に作成したホワイトリストにはなかったフリーソフトなども、後から登録できます。

だから

point6 なりすましも怖くない!

新機能H4Eの解析力で無実を証明!
履歴を見れば侵入経路まるわかり!




比べてみました



※共存設定はコチラ

⇒ご購入の流れ

DeP HEの信用 国内実績900社

導入実績

DeP HEの技術元となったSePは
大企業・官公庁で採用されています。

DeP HEは企業向けのセキュリティソフトとして開発されたセキュリティプラットフォーム(SeP)を元に開発されました。
SePは、現代のサイバー攻撃に対抗するセキュリティソフトとして、上場企業様、官公庁様を中心に約900社に導入されています。
最高品質のセキュリティをご家庭に!

使った方の声

レビュー

DePの検知方式は今までにない方法で、着目点が素晴らしい

某アパレル企業情報システム担当様



レビュー

パターンファイル更新もスキャンもなく
入っていることに気付かないくらい軽い。

某メーカー情報システム担当者様




レビュー

出力される履歴も興味深い

某アパレル企業情報システム担当様




レビュー

SeP(情報漏洩対策製品)の品質を考えると安心感があり、
DePに対する期待は大きい。

某メーカー情報システム担当者様



純日本製

セキュリティソフトは海外製品が多い中で
DeP HEは純日本製。国内環境に強い!

カスペルスキー Kaspersky: Internet Security 2012 (開発元:ロシア)
パンダ Panda: Cloud Antivirus Free Edition 1.5.1 (開発元:スペイン)
パンダ Panda: Internet Security 2012 (開発元:スペイン)
アバスト Avast!: Free AntiVirus 6.0 (開発元:チェコ)
アンラボ AhnLab: V3 Internet Security 8.0 (開発元:韓国)
イーセット ESET: Smart Security 5.0 (開発元:スロバキア)
キングソフト KINGSOFT AntiVirus 2011 (開発元:中国)
ソースネクスト スーパーセキュリティZERO (開発元:日本)
ビットディフェンダー BitDefender: Internet Security 2012 (開発元:ルーマニア)
ジーデータ G Data: Internet Security 2012 (開発元:ドイツ)
アビラ Avira: Internet Security 2012 (開発元:ドイツ)

point6 ついに個人向けサービス開始!

行政機関・大手企業等 約900社が導入の国産サイバー攻撃対策プロフェッショナル セキュリティソフト!!
最高品質のセキュリティをご家庭へ。


※共存設定はコチラ

⇒ご購入の流れ

ECカレント  × ハミングヘッズ
Copyright ©Stream Co.,Ltd. All Right Reserved.